お金持ちになるためのマネー本「バビロンの大富豪7つの教え」

お金のこと

今日は風が強くて釣りに行くのを諦めました。

せっかくなので、今日はお金の勉強をしましょう!!

今より生活が豊かになりたい!って思ったことありませんか?

自分は高校卒業してすぐに働き始めました。

決して贅沢をしているわけではないのですが、お金が全然貯まらなく、はたらきはじめて十数年・・・貯金もほとんどありませんでした(/ω\)

そんな時、一つのYouTubeチャンネルが目にとまりました。

(1) 両学長 リベラルアーツ大学 – YouTube

このチャンネルを見るようになってから、お金に対しての考え方がガラリと変わりました。

そして、ほんの少しですが前よりもお金に余裕ができるようになったのです(^^)/

今日はその中で紹介されていた本の一つ。

「バビロンの大富豪」の紹介です。

この本は1926年のアメリカで「バビロンいちの大金持ち」というタイトルで出版された本です。

古代バビロニア帝国を舞台にお金を「貯めて」「守って」「増やす」原理、原則が学べる本になっていて、資産家や銀行員に読まれはじめ、あっという間にベストセラーになった本です。

そのバビロニアの大富豪の記録を元に書かれた本で、今現在も多くの人に読まれ続け、今や数あるマネー本の原点ともいえる書籍です。

その中に書いてある7つの教えがお金持ちになるための第一歩。

当時、働き始めた自分に教えてあげたい内容でした。

収入の1/10を貯蓄せよ

想像してください。毎朝かごの中に10個のタマゴを入れて、毎夕9個のタマゴを取り出す。

それを数か月繰り返しているといずれタマゴはかごから溢れかえりますよね。

とてもシンプルな考えです。収入の1/10を貯めれば資産は確実に増え続けます。

月の収入の1/10なんて大して金額にはなりませんが、サラーリーマンの生涯賃金は2~3億円と言われているので、その10%だと2千万円~3千万円にもなります。

これだけで老後2千万円問題が解決できそうです!(^^)!

まさに「貯める力」小さな金額でも続けることで大きな金額になります。

欲望に優先順位をつけよ

欲望にはキリがありません!

収入が多い人も、少ない人も欲望のままに好きなものを買っていると、お金はすぐに無くなってしまいます。

それから逃れられる方法はただ一つ。

まず、収入の1/10を貯蓄して、残りの9/10で叶えられないものは「諦めよう」です。

夢がないと思うかもしれませんが、欲望は底なし沼です。その時叶えられたとしても、またすぐに欲しいものができてまさに悪魔的存在。

優先順位をつけるということは大切なことにお金を使うという事。

自分の人生中で何が大切で、何が本当に大切じゃないかを判断するのはとても大切です。

優先順位の低いものまで叶えようとすると、当然お金はいくらあっても足りません。

優先順位をつけるということは、お金の悩みから解放されることにつながります。

本当に必要な支出か、贅沢なのか、見極めることがとても大事です。

蓄えたお金を働かせよ

お金を持っている人がお金持ちと呼ぶのではありません。

お金増やせる仕組みを持っている人をお金持ちと呼びます!

お金を増やせる仕組みというと思い浮かぶのが投資ですが、ほとんどの人は投資と聞くとギャンブルみたいで怖いものと思われがちですが、それは昔の話。

今はインターネットや金融の発達によって誰でも簡単に優良な投資ができる世の中になりました。

労働だけではお金持ちになるのは難しい世の中になってきました。

お金持ちは増えてきていますが、その反面、貧困層も増えてきて二極化しています。

なので資本家側(お金に働いてもらう立場)にならないと、お金持ちと貧困層のさがどんどん開いていきます。

今は普通の人でも指先一つで投資家になれる時代です。

行動できるかできないか、リスクをとるか取らないかで将来が確実に変わっていきます。

危険や天敵からお金を堅守せよ

貯めたお金からお金を守ろうということです。

自分にお金がないから大丈夫、自分は騙されないと思っていませんか?

ところが、2019年の特殊詐欺の件数はなんと!1万6千件以上。

オレオレ詐欺や特殊詐欺がこれだけ世の中に知れ渡っているのに驚きの件数です。

かんぽ生命の不正契約も詐欺の一つにならないでしょうか?

保険だけではなく、不動産や投資まで、世の中には自分が思っている以上に騙す人がいっぱいいます。

中には借金をさせてまで、お金を出させるという詐欺もあるので、こうゆう詐欺から自分の資産を固く守りましょう。

より良き所に住め

住居はただ安ければいいというものではありません。

住居は生活と密接にかかわっています。

生活の幸福度は貯金を増やすモチベーションに大きくかかわります。

何も新築の庭付きマイホームに住めばいいという話ではありません。

確かに広い家や、庭付きの家でゆったりした生活を送れるのは素敵なことです。

でもこれは浪費になります。

多くの人はプロのマーケティングにのせられているだけなのかも?

「新築がいい」とか「庭付きがいい」とか「広い方がいい」など・・・。

本当に自分の価値観で選んだものですか?周りの意見に振り回されていませんか?

いい住居の定義は人によってさまざまです。人がいうからとか、親が言うからとか、ローンが組めるからとかじゃなくて、大切なのは自分の価値観と向き合うことです。

なので高い家に住めということではなく、自分にとって、より良き環境に住めという事です。

今日から未来の生活に備えよ

人は必ず老いて死にます。なので今日から将来に備えましょう。

蓄財しておけば、病気やけがで働けなくなっても助かるし、死んだとしても家族を守れます。

今、将来に備える余裕がないという人もいますが、時間は平等です。一生働き続けられる人は多くはいないし、必ずだれでも死にます。

未来に備えることが出来なければ、100%困ることになります。

今なにもしないということは、問題や不安の先送りに過ぎません。

未来に備えるのはお金や保険だけじゃありません。

お酒やたばこの悪習慣を続けて、必死に働いて、高い保険料を支払うために残業していてはなんか矛盾していますよね。

それよりだったら、健康のためにスポーツをしたり、お酒やたばこの悪習慣をやめて、そこに掛かるお金の分、残業を減らした方が健康的だし、目的と手段が一致します。

家族や友人と助け合える人間関係を作るのも未来の生活に備える第一歩です。

自分こそを最大の資本とせよ

富を生む最大の資本は自分自身です。つまり行動しようということです。

行動しなかったら富を手に入れられないし、行動した人は富を獲得できます。

多くの人はそのうちやるとか、気が向いたらやると言いながら結局何もしない・・・。

例えば保険の解約とか、携帯の料金プランを見直すとか・・・すぐできることなのにやらない人が多い。

大事なのは即行動です!!行動して、自分に投資するのが富を得るための近道です。

今、投資して不労所得を得ているお金持ちの人たちも、投資で稼いだ訳ではなくて、ビジネスで稼いでその稼いだお金を投資に回しているという人がほとんどです。

投資で○○億円稼ぎました!という人もたまに見かけますが本当に少ないです!

結局、自分を鍛えて自分で稼いだ方が一番確実で圧倒的に早いということです。

まとめ

以上両学長のYouTubeを参考に書かせていただきましたが、これらの教えを守ると100%お金持ちになれるということです。

①収入の1/10を貯蓄せよ

②欲望に優先順位をつけよ

③蓄えたお金を働かせよ

④危険や天敵からお金を堅守せよ

⑤より良き所に住め

⑥今日から未来の生活に備えよ

⑦自分こそを最大の資本とせよ

この7つを守ると今より確実に生活が豊かになります。

当然と言えば当然の事ですが、働き始めた頃の自分は遊びに夢中になりすぎて、将来のことを深く考えもしませんでした。

子どもが出来て、中年に差し掛かり、今の給料で将来を考えると不安な気持ちでいっぱいでした。

この本を読んで実践し始めて、かなり生活が楽になったので皆さんにもぜひ読んでいただきたい!もっと早くにこの本に出逢っていればとも思います。

今は漫画版も出ているので、自分の子どもがもう少し大きくなったら読ませたい本ですね☆

今の生活を少しでも楽になる方法に気づかされるはずです!!

今日が人生の一番若い日です。今からでも実践して少しずつ幸せに近づきましょう!(両学長の言葉です)

どう行動すればいいか分からないという人はこのチャンネルで一緒に勉強しましょう!

長々と読んでいただき、ありがとうございました!!

(1) 両学長 リベラルアーツ大学 – YouTube


コメント

タイトルとURLをコピーしました