保険の見直し

お金のこと

本日の海は激荒れのため、家に閉じこもっています。

午前中は子どもたちと雪あそびして少し体をうごかしましたが、午後からはやることなし・・・

そうだ!保険の見直しをしよう!!

5年くらい前に契約したきり、見て見ぬ振りをしていましたが、色々勉強して無駄なお金を使っていることに気づきました。

保険屋さんは公的医療保険の事を教えてくれませんよね(;^_^A

無知な自分が一番悪いのですが、保険の契約内容もどんどん話されていくうちに疲れてきて最後には「それで」って契約したような・・・

今現在、生命保険と医療保険、車両保険合わせて16,000円位払っています。

年間192,000円ですね。年間換算すると結構な額です。

ちょっと内容を確認と・・・

自分が契約しているのは・・・

生前給付終身保険

この保険は死亡か特定疾病、介護が必要なったときに2,000,000円支払われる保険です。

万が一の時2,000,000円か・・・無いよりはいいけど・・・いる?

今契約している内容は払込期間60歳まで、月々4,800円ほどです。

解約返戻金もあります。30年払うと年57,600円×30年=1,720,000円、解約返戻金は1,600,000円弱

何もなく30年間払い続けるとざっとマイナス120,000円位ですね(´;ω;`)

今解約すると・・・契約してまだ6年なので解約返戻金は255,000円ほどだそうです。

今まで345,000円掛けてきたのでマイナス90,000円位ですね😢

貯金か投資した方が良かったです(´;ω;`) 

結果不要です!

生活保障保険

こちらは万が一の時、家族に毎月定額が支払われる保険です。

今契約している内容は56歳まで毎月3,000円ほどです。万が一の時、家族に毎月110,000円支払われるようです。

確かに自分が死亡したら残された家族は・・・って思って契約しましたが、これには遺族年金があります。

遺族年金は月収によって違いますが、自分の場合、月給約25万で子ども2人なので130,000円位出るそうです!

・・・騙された感でいっぱいです。

結果不要です!

医療保険

この保険は入院した時、先進医療を受けた時、がんの治療を受けた時、手術を受けた時に支払われる保険です。

今契約している内容は60歳まで毎月5,000円ほどです

内容を見ると入院すると日額15,000円支払われ、手術すると種類によりますが、日額の10倍~40倍を乗じた金額が支払われるそうです。

先進医療も、技術料の支払限度額に到達するまで支払われます・・・

いくらか分かりませんが・・・┐(´д`)┌ヤレヤレ

これには社会保険で自己負担は原則3割負担ですね。ただし、自己負担には上限あります。

上限とは・・・

例えば手術・入院台で1か月100万円かかったとして、窓口で払うのは3割の30万円だけど、実際は10万円くらいで済みます。これを高額療養費制度と呼びます!!

高額療養費制度とは・・・

同じ月にかかった医療費の自己負担額が高額になった場合、自己負担限度額を超えた分が、あとで払い戻されます。

上限額は年齢や所得に応じて異なりますが、69歳以下の標準世帯の基準は

「80,100円+(総医療費-267,000円)×1%」となっています。

先進医療には陽子線治療、重粒子線治療などがありますが・・・

先進医療って聞くと「最先端の医療技術を使った素晴らしい医療」に聞こえますが、実態は「効果があるかどうか検討中の、まだ保険適用になっていない医療」に過ぎないそうです。本当に効果がある医療は、ちゃんと保険対象になっていくそうです。

公的医療保険は、先進治療、美容整形など治療以外の医療行為、保険対象外の医薬品、差額ベッド代には使えません。

結果・・・貯金があれば必要なし!

公的医療保険を正しく理解して、公的医療保険でカバーできない分は、民間保険で補うのがベストですね!👍

早速、保険屋さんに連絡しようかな・・・

今日参考にさせていただいた本はコチラです↓


今日も勉強になりました!両学長ありがとうございます!

コメント

タイトルとURLをコピーしました