釣り場での事件と失敗談

ひとりごと

皆さんこんにちは☆

みなさん釣り歴は何年になりますか?

自分は小学2年生から釣りに行きはじめたので、かれこれ30年位になります。

だからと言って決してうまいわけではありませんが、釣り場での事件や失敗は沢山あります( ´艸`)

今日はそんな事件や失敗談を思い出せる限りまとめてみました。

それではどうぞ・・・

小学生・中学生編

①自転車の車輪に竿が巻き込まれてバキバキに折れる

小学生の頃、祖父にのべ竿を初めて買ってもらいました。

週末、新品の竿を自慢しながら、友達と近くの川に釣りに行こうと自転車で出発。

ハンドルと竿を一緒に持っていましたが、ブレーキが掛けにくいので竿を片手に持ち替えた瞬間。

振り出し口が下を向いてしまい、スルスルッと竿先が伸びていき、そのまま車輪に巻き込まれ

「バキバキバキ」

使う前に竿が折れるという悲しい結末を迎えてしまいました(´Д⊂グスン

竿の穂先だけで釣りをした覚えがあります。

おじいちゃんごめんなさい。

②釣りに飽きた友人の針が喉に刺さる

中学生の頃、友達と釣りをしていた時の話です。

コイを釣ろうとしていましたが、中々釣れず、釣りに飽きた友人が竿を振り回し始めました。

自分も釣れないのでポイントを移動しようと、友人の近くを通りかかったとき

「グサッ!!」Σ(゚Д゚)

喉に激痛が!!

一瞬何が起きたか分からず、アタリを見渡すと、友人の竿先が自分の方を向いて曲がっているのを見てようやく事態が呑み込めました!

コイではなく自分が釣れていたのです 笑

幸いにも、使っていた針が海タナゴ針だったので、無理やりぶち抜いて事なきを得ました。

友人も故意ではなかったので許してあげましたよ。コイだけに・・・( ´艸`)

③キャストしようとしたら友人が釣れる

中学生の頃、ブラックバス釣りが最盛期でした。

大山の下池(今は釣禁です)にバス釣りに行きましたが、中々釣れません。釣りに飽きて、いつの間にか遠投対決になりました。

遠投しようと垂らしを長めにとって思い切りキャスト!のはずが、後ろから

「痛で、痛で、痛で!!」

慌てて後ろを振り向くと、友達の腕にルアーが突き刺さっていました(>_<)

後ろをよく確認していなかったので、通りかかった友人に刺さってしまいました。

その友人はたくましく、刺さった針を自分でぶち抜いていましたΣ(・ω・ノ)ノ

あの時は本当にごめんなさい(*- -)(*_ _)

ひとりごと
スポンサーリンク
Twitterもやってます!ぜひフォローお願いします(*- -)(*_ _)ペコリ
Twitterやおすすめ商品はこちらから
山形釣りブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました